耐震診断/補強効果

建物診断の視点

pic_aumonitoring_01

私たちの身体の健康診断は、まず基本診断を行い、異常が見つかれば詳細診断に移ります。振動モニタリングは建物の基本診断のツールとして損傷や劣化が進行した位置を特定し、損傷度を定量的に評価します。

 

グローバルモニタリングとローカルモニタリング

pic_aumonitoring_02

建物のモニタリングには全体から部分を診断するグローバルモニタリングと部分から全体を診断するローカルモニタリングがあります。振動モニタリングはグローバルモニタリングで威力を発揮します。

 

基礎構造と上部構造のモニタリング

pic_aumonitoring_03

建物は地上の上部構造と地下の基礎構造からなり、どちらで損傷が生じても安全性と機能性を保持できません。振動モニタリングは上部構造だけでなく基礎構造の損傷も診断します。

 

耐震補強効果

pic_aumonitoring_04

建物の診断により補修や補強が必要だと判断された時は耐震改修を行います。振動モニタリングは耐震改修の効果を確認するために利用できます。

ページ上部へ戻る